合同会社設立ドットネット合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 03-6328-1989

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社設立に必要となる印鑑届書の作成方法

個人の実印と同じように、法人(合同会社)にも実印があります。

この合同会社の実印となる代表者印(法人実印)を法務局へ届け出るための書類が「印鑑届書」です。

法務局へ合同会社設立の登記を申請する際に、登記申請書類と合わせて提出することで、合同会社の実印が登録(印鑑登録)されます。

印鑑届書は、法務局へ登記をする際の添付書類には含まれていませんが、登記申請書類と同時に提出することが求められています。

印鑑届書の様式は決まっていますので、法務局のホームページからダウンロードするか、法務局の窓口でもらって記入します。

印鑑届書は用紙を印刷したものに手書きで記入しても構いません。記入内容は決まっているので、誰でも簡単に記入することができます。

①商号:合同会社の会社名を正確に記入
②本店の所在地:合同会社の本店の住所を正確に記入
③印鑑提出者の資格:「代表社員」と記入
④氏名:代表社員の氏名を記入
⑤生年月日:代表社員の生年月日を記入
⑥会社法人番号:空欄
⑦届出人:印鑑提出者本人にチェック
⑧住所:④の代表社員の住所を記入(代表社員の印鑑証明書と同じ住所)
⑨氏名:④の代表社員の氏名を記入(代表社員の印鑑証明書と同じ氏名)

印鑑届書のダウンロードはこちら(法務省HP)

すべて記入できたら、印鑑届書の左上四角の枠内に登録する代表者印で押印します。そして、届出人の住所・氏名の横の「(注3)の印」には代表社員個人の実印を押印します。

印鑑届書には、代表社員の印鑑証明書を添付します。

もし、代表社員が2名いる場合には、どちらか1名が代表して印鑑登録することもできますし、それぞれの名前で印鑑登録することもできます。

代表社員がそれぞれ印鑑登録をする場合は、印鑑届書を2枚提出することになります。ただし、同じ印鑑を使用することはできませんので、代表社員ごとに別の印鑑を作成する必要があります。

《参考》合同会社設立に必要な法人実印について

行政書士法人MOYORICの法人印・ゴム印作成サービス

法人印・ゴム印作成サービス

行政書士法人MOYORICの法人印・ゴム印作成サービス

  • 合同会社設立に必要な印鑑を便利なセットでお届け!
  • 法人実印・銀行印・角印の3本セット
  • 最短即日発送だからスピーディー。急ぎの方も安心!
  • 高材質5,800円~

合同会社設立に必要な印鑑一式をお得なセットでお届けします。ご注文は→こちら

◇ゴム印・住所印・スタンプのご注文は→こちら

合同会社電子定款作成サービスのご案内

合同会社電子定款作成サービス

「費用と手間を省いて合同会社を設立したい!」

という方は、合同会社電子定款作成サービスがお勧めです。

  • 電子定款の活用で設立費用が安くなる!
  • 専門家が作成した電子定款のひな形が使えるから安心!
  • 印紙代4万円を節約。コスト削減!

一般の方はもちろん、専門家(税理士、会計士、司法書士、弁護士等)の先生方にも多数ご利用頂いております。

→ 合同会社電子定款作成ドットコム詳細はこちら

自分で出来る!合同会社設立キット販売中 12,600円

当キットをダウンロードして手続きを進めて頂ければ、最短1日で設立手続きは完了します。

合同会社設立キット

  • 少しでも安く設立を済ませたい方
  • 時間があるので自分でも動ける方
  • 自分自身も手続きに携わりたいという方
  • 超特急で今日中にでも登記申請を完了させたい方(法人実印の作成など事前準備は必要です)

自分で出来る!合同会社設立キットでは、設立手続きに必要な書類一式の雛型及び書類作成マニュアルを同梱しております。現物出資にも対応。

会社設立実績1500社を超える専門家(行政書士法人MOYORIC&行政書士法人WEITHNESS)が、一般の方でも簡単に設立手続きが出来るよう作成しました。どうぞご活用下さいませ。

→ 自分で出来る!合同会社設立キット詳細はこちら

【関連ページ】

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2019 行政書士法人MOYORIC(モヨリック) All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。