合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社の事業年度について

●事業年度・決算期を決める。

会社設立時の定款において、事業年度を決める必要があります。

事業年度は1年以内ならば自由に決めることができ、また、開始日と最終日をいつにするかも自由です。

日本の会社では、国の会計年度に合わせて、4月1日から3月31日までの1年を事業年度、決算月を3月とすることが多くあります。

事業年度は、定款で自由に設定できますので、会社の実情に合わせるのが一番ですが、決め方としては、下記のパターンを参考になさってください。

1. 区切りのいい事業年度にする

・4月1日から3月31日(決算月は3月)
・1月1日から12月31日(決算月は12月)

2.会社の設立登記をした月を事業年度の開始月にする

例えば、6月中に設立するとした場合、事業年度を

6月1日から翌年の5月31日(決算月は6月)

とすれば、丸1年の事業年度となり、1期目を最長とすることができます。

3.事業の繁忙期を避けた事業年度にする

決算期から2ヶ月以内に株主総会をし、決算書を作成して法人税等の税務申告をしなくてはなりません。

業務の繁忙期に、株主総会や税務申告時期が来るように設定すると、日常業務に支障が出ます。

従って、会社の繁忙期を避けた事業年度にすることも1つの方法です。

注意していただきたいのは、会社の設立の日は登記申請日となることです。

従って、登記申請日の直後に決算日を迎える場合には、設立後直ちに税務署へ申告書の提出が必要になります。

事業年度:毎年6月1日から翌年の5月31日
登記申請日:5月1日

この場合、最初の事業年度は、30日後の5月31日で終了することになり、会社設立後すぐに税務署への申告が必要となります。

税理士に頼まず費用をかけず、自分で会計業務を行いたい方は

今、無料から使えるクラウド会計ソフト「freee」が注目されています。

60万人以上の事業所が利用。クラウド会計ソフトシェアも第1位。

ネット上の会計システムを利用して、簡単に日々の会計記帳が行えます。税理士や公認会計士とも提携しているので、専門家との相談も可能ですし、格安で決算の代行もしてくれるようです。簿記の知識がまったくなくても簡単に使える会計ソフト。経理の時間が 50 分の 1 に。

税理士に頼まず自分で費用をかけずに記帳や会計業務を行いたいと言う方には、こちらがお勧めです。法人会計・経理にも対応しています。

また、クラウド会計ならではの資金調達スキームにも注目です。

ジャパンネット銀行が提供しているfreee会員専用のビジネスローン。管理画面から申し込めば自動で会計データ及び決算情報が送付され、審査がすぐにはじまるので融資の可否も最短で即日とのこと。すごいですね。

担保不要・来店不要・借入限度額も1000万円まで。金利は3.9~8.2%と、ビジネスローンの中では低金利。クラウド会計ならではでスムーズ&スピーディーな資金調達が可能なfreeeは今後も注目です。

― スポンサードリンク ―

【関連ページ】これらの記事も読まれています

融資を断られた方でも資金調達可能。「ファクタリング」をご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

10秒カンタン事業資金調達するなら資金調達プロ

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。