合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社社員の業務執行権付与と喪失

原則と例外

合同会社の社員は、原則、業務を執行する社員となり、業務を執行する社員は、原則、会社を代表する社員になります。

ただし、定款をもって社員の中から業務執行社員を定めることができます。また、定款または定款の定めに基づく社員の互選によって、業務執行社員の中から代表社員を定めることができます。

<原則>

  • 社員A・B・C=業務執行社員A・B・C=代表社員A・B・C

<定款または定款の定めに基づく社員の互選>

  • 社員:A・B・C
  • 業務執行社員:B・C
  • 代表社員:C

つまり、社員は原則、業務執行社員であり代表社員であるけれど、定款等で社員の中から特に定めることができますよ。ということです。

また、合同会社の社員は従業員という意味ではありません。株式会社に例えると、下記のようになります。

  • 社員=株主
  • 業務執行社員=取締役
  • 代表社員=代表取締役

例えば3名の社員ABCさんがいて、業務執行社員はBCさん、内代表社員をCさんにした場合、BCさんの2名が業務執行社員として登記され、Cさんは代表社員として住所・氏名も登記されます。

ただの社員であるAさんは、登記されません。

では、社員Aさんが設立後にやっぱり会社の業務を行いたいと思った場合はどうなるのでしょうか?

この場合、総社員の同意により業務を執行する社員としての指定を受けることが必要です。

そして、総社員の同意を得た後に、Aさんを業務執行社員とする変更登記の申請を行うことになるのです。

逆に業務執行社員が、業務を行わなくなり、ただの社員に戻りたい場合には、同じく総社員の同意によって、業務執行権の指定の解除を受けることになります。もちろん法務局へ変更登記の申請も必要です。

当事務所の姉妹サイトでも合同会社の変更手続きについて詳しく解説しています。
合同会社変更手続きサポートセンター(別ページ)

― スポンサードリンク ―

【関連ページ】これらの記事も読まれています

経営者の強い味方。「ファクタリング」をご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。