合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社(LLC)と有限責任事業組合(LLP)の違い

LLC「合同会社」は、Limited(有限)Liability(責任)Company(会社)の略称で、 合名会社、合資会社とともに持分会社と呼ばれています。

LLPと同様に、出資者全員が有限責任社員だけで構成され、原則出資者全員で業務を執行します。

LLPと非常に似た制度ですが、LLCは会社(Company)、LLPは組合(Partnership)といった根本的な違いがあります。

LLCとLLP - 共通点

  1. 出資者の有限責任
    →LLP、LLCともに出資者が出資の限度額までしか責任を負わない、有限責任制
  2. 内部自治の徹底
    →内部の機関設計や取り決めは自由に決定することが可能。出資割合に関係なく、利益配分や損失負担を決めることができる
  3. 原則出資者全員で業務を執行する
    →出資者=業務執行者となるため、原則出資者全員で業務を行う

LLCとLLP - 相違点

  1. 法人格の有無
    →LLPは組合ですので、法人格がありません。しかし、LLCは会社ですので、法人格があります。
  2. 課税制度の相違
    →LLCは法人ですので、法人税が課税されます。LLPは法人ではないので、法人税がかからず、利益が出た場合は、直接構成員に課税されます。
  3. 他の組織への変更
    →LLCは法人ですので、株式会社に組織変更が可能ですが、LLP法人格を持たないため、株式会社など法人格のある会社形態への組織変更はできません。
LLC(合同会社) LLP(有限責任事業組合)
根拠法 会社法 有限責任事業組合契約に関する法律
出資者の呼び名 社員 組合員
法人格の有無
損失の分配
他の組織への変更 不可
構成員 1名以上 2名以上

LLPの設立の流れ・フロー

STEP1 LLP基本事項の決定

STEP2 組合契約書作成

STEP3 出資金の払込・証明書の作成

STEP4 法務局への登記申請

LLPの設立に必要となる書類の例

  • 登記申請書
  • 組合員契約書
  • OCR用紙(登記すべき事項)
  • 払込証明書
  • 組合員の印鑑証明書
  • 印鑑届書

LLPの設立に必要となる登録免許税

有限責任事業組合(LLP)設立マニュアル 9,800円のご案内

自分で出来る!有限責任事業組合(LLP)設立マニュアル

自分で出来る!有限責任事業組合(LLP)設立マニュアル

こちらのマニュアルでは、有限責任事業組合(LLP)設立手続きに必要な書類一式の雛型を同梱しております。
穴埋め式ワードファイルと解説マニュアルがついていますので、一般の方でも楽々手続き完了!法人組合員にも対応!簡単に書類が作成できる専用キットです。

詳しくはこちら→自分で出来る!有限責任事業組合(LLP)設立マニュアル

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。