合同会社設立ドットネット
お問い合わせはこちらから
  • トップページへ
  • サービス / 料金
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営者のご紹介
  • お問い合わせ / お申し込み

お申込み専用ダイヤル 0120-976-566

【電話受付時間】AM10:00~PM6:00(平日)

合同会社の設立に必要となる印鑑証明書

合同会社の設立には、社員となる方全員の個人の印鑑証明書をご用意ください。

この個人の印鑑証明書は法務局への添付書類ではございません。

株式会社(取締役会非設置会社)の場合、設立時に取締役に就任される人の印鑑証明書が必要ですが、合同会社の場合は設立時に印鑑証明書を提出する必要はないのです。

業務執行社員はもちろん、代表社員の印鑑証明書も必要ありません。

ただし、合同会社の社員は定款の絶対的記載事項()であり、定款に「社員の氏名・住所」を記載しなければなりません。この住所、氏名は印鑑登録証書記載どおりの氏名・住所の記載が求められています。

※絶対的記載事項とは、定款に記載しなければ定款そのものが無効となる事項です。

(合同会社の定款について詳しくお調べになりたい方はこちらの記事も合わせて御覧ください。→合同会社(LLC)の定款について : 8つのポイントを全部押さえて丸わかり!

また、会社の設立登記の申請と同時に「法人の印鑑(代表者印)」を登録しますが、この印鑑登録には代表社員となる人の印鑑証明書を添付しなければなりません。

結局、代表社員になる人の印鑑証明書は必要になりますから、社員となられる人も定款に氏名・住所を正確に記載する必要がありますので、全員分の印鑑証明書を準備していただくことになります。

◇印鑑証明書の取得方法

個人の印鑑証明書は、住所地の市区町村役場で取得できます。

まだ実印登録をしていない場合は、まず、住所地の市区町村役場で実印の登録を行う必要があります。市区町村役場の窓口にある申請書に必要事項を記入し、身分証明書(運転免許証やパスポート)と合わせて提出します。

<持ち物>

  • 印鑑登録する印鑑
  • 身分証明書(運転免許証やパスポートなど)
  • 登録費用は無料

登録手続き自体は通常、当日にできます。登録が完了すると「印鑑登録証(印鑑カード)」が交付されますので、その場で印鑑証明書が取得できます。

もし、印鑑登録証(印鑑カード)を持たずに市区町村役場行っても印鑑証明書の発行はしてもらえませんので注意してください。例え本人であって、実印を持参しても発行されません。

合同会社の社員になる予定の方は、早めに取得しておきましょう。

社員が個人ではなく、会社や法人の場合は、それぞれ会社の印鑑証明書、法人の印鑑証明書及び登記事項証明書をご準備ください。

会社、法人の印鑑証明書及び登記事項証明書は、お近くの法務局で取得が可能です。

会社・法人の設立時に印鑑カードが交付されているかと思いますので、印鑑カードを持ってお近くの法務局でご取得くださいませ。

― スポンサードリンク ―

【関連ページ】これらの記事も読まれています

経営者の強い味方。「ファクタリング」をご存じですか?

融資を断られても大丈夫。売掛金があれば最短即日でのつなぎ資金の調達が可能。

無担保・無保証。赤字決算でも債務超過でも構いません。資金繰りが改善するから金融機関の信用力もアップ!利用事業所数10,000社超。

売掛金を100万円以上お持ちで、事業用資金の調達を行うなら、まずは10秒カンタン無料診断。

100万円~3億円の事業資金を最短即日調達可能?【資金調達プロ】

お問い合わせはこちらから

Copyright (C) 2015 MOYORIC行政書士合同事務所 All Rights Reserved.
掲載コンテンツ・イメージの転写・複製等はご遠慮下さい。